新築で家を建てる時の注意点とメリット

新築戸建てで注文住宅の家を建てるには、まず土地を用意しなければなりません。ウチの場合は、土地選びについては失敗してしまいました。

失敗の原因は、隣近所の評判やゴミ捨て場をよく確認しなかったことです。家に入居して町内会長に言われたのは、「あそこに新築を建てられたのですか。周りが面倒な人たちで大変でしょう」と言われました。生活してみて、今でも隣人に苦労しているので、売り手や町内会長さんなどに事前に聞いてから土地の購入を決めるべきでした。

あと、ゴミ捨て場は土地探しの時にハス向かいにあることを確認したのですが、引っ越してきたときに、隣から「あなたはここにごみを置かないで」と言われ、市役所に問い合わせる羽目になってしまいました。市役所からは、そこが指定場所だが、あそこは面倒な人たちのごみ捨て場だから町内会長に相談しろ、と言われました。相談した結果、隣町のごみ捨て場にお世話になることになりました。

あと、失敗だったのは注文住宅だったので、ハウスメーカーから地盤調査をさせられましたが、住宅を建てる地盤が軟弱であることが判り、土地改良をすることになってしまいました。百万円ほどかかり、痛い出費になりました。

このように新築で家を建てるときは、土地選びも非常に重要ですので、慎重に選ぶようにしてください。

新築戸建ての注文住宅で家を建てることの最大のメリットは、家の間取りを自分で考えられることです。

間取りは、家における生活が気持ちよくできるか否かに大きく影響を及ぼすので、やはり理想を追求すべきと思っています。生活のスタイルは住む人によって異なりますので、理想の間取りは住む人によって変わります。したがって、専門家ではなくて、住む人が間取りを決めるべきだと思います。

ウチの場合は、新築住宅を作る際に私が間取りを決めたので、家を作ってみてあまり後悔した点はありません。

新築の注文住宅で間取りを決めるにあたって重要なのは、生活の動線を想像することです。たとえば、子供が二人いて朝はトイレや洗面台が混むから2つずつ必要だ、脱衣場は洗濯機を置くから広めにしておこう、などを想像するのです。

間取りで唯一失敗だったのは、玄関の位置で、後から来た隣がすぐ横に玄関を付けてしまい、なんだかアパートの玄関の並びみたいになってしまったことです。さすがに将来まで想像を膨らませることはしていませんでしたが、こればかりは仕方ないと思っています。とはいえ、念のため、細心の注意で気を付けてみてはいかがでしょうか。

女性のための薄毛治療研究会 美容と健康女性ランキング 会社経営に必要な知恵袋

注文住宅のための用語集 ゴミ屋敷解消Q&A カウンセリングのお悩み解決サイト

新築一戸建てを建てる時に読むサイト マーケティング経営研究.net  

家は工務店で建てるべきである