住みやすく笑顔あふれる家にする方法

人生の一番大きな買い物といってもいいのが家です。

1日の半分以上を過ごし、リラックスできる空間だからこそ、住宅選びには妥協せず、住みたい住宅を作っていける注文住宅は、理想に近い手段といえるでしょう。

住宅購入を考える上で、新築か中古かの選択肢があります。金銭的な部分も選択肢に大きく影響しますが、中古となると、以前住まれていた人の使い方によっては、住む前にリフォームやメンテナンスのための費用がかさばり、合計すると新築を建てるのとそう変わらないといったことも聞かれます。

長い期間住むことを前提に考え、また大部分を過ごすプライベートな空間だからこそ、今回は新築の作り方について考えていきましょう。住まいを建てる上で、人により理想とする条件は異なります。日当たりのいいリビングにしたい。キッチンはセントラルキッチンがいい。家庭菜園ができるくらいの庭が欲しい。など様々な希望があるかと思います。一から作る方法ではそんな希望を叶えることができるということです。

まず、新築の家を建てる上で、土地の周りの状況を確認しましょう。どんな理想の条件でも、隣の家からリビングが丸見えになったり、折角の庭でお花を植えようとしても、日当たりが悪く育たないなどでは困ります。太陽の動きにおいて、どちらに壁を作り、窓を作るのかも、家を建てる上で重要になります。

よく、日当たりがよく風通しがいい住まいが好まれますが、やはり、湿気は木造作りの敵にもなります。その点においても、まずは自然の光や風などを味方につけた作りを心がけるようにしましょう。また、今にとらわれるのではなく、長い間住むことが出来るということを考えた時、年をとって足腰が弱くなっても、住みやすいということも大事です。

できるのであれば戸建ての平屋がいいというのもそのような理由が含まれます。限られた土地の上に建てることになるわけですが、どんな場合においても収納という課題がつきまとわります。限られた空間の中に、いかに収納を作っておくかも大事です。最近では、収納と思わないようなお洒落な空間として活用する方法もあります。物が散らかっている状況では、折角の新築住宅でもゆっくりと過ごすことができません。

見せない収納と見せる収納をうまく使いわけ自分だけの空間作りをすることも楽しみの一つになるでしょう。最後に、注文住宅を作る際に、動線にも考えることが大事です。その際に自分だけではなく住む人全員が生活する上で住みやすい動線にすることを考えましょう。