こだわりの家づくりなら注文住宅がオススメ

3年前に新築で憧れの注文住宅を建てました。もともとはアパート暮らしでしたが、いずれは家を建てたいねと家族と話しており、もし家を建てるならこんなイメージ、こんな間取りで…などと自分たちの住宅づくりの妄想を膨らませていました。マンションという選択肢がなかったのは土地柄かもしれませんが、やはり自分たちだけの家が欲しかったからだと思います。ベタな話かもしれませんが注文住宅で庭付き一戸建てで暮らすのが夢でした。

新築で家を建てる際は、自分たちの建てたい住宅の具体的なイメージがだいたいは固まっていたので展示場巡りはそれほどしていません。スタイリッシュな鉄筋作りの住宅も素敵ですが、木のぬくもりの感じられる木造住宅で注文住宅と決めていたので、自分たちの理想に近い住宅メーカーで新築することに決めました。家を建てるよりも時間がかかるケースがあると言われている土地探しも、我が家は条件が緩かったこともあってかタイミングよく早い段階で土地が決まりました。家の方も具体的なイメージがあったのでそれに合わせて打ち合わせで色々と決めていき特に問題なくトントン拍子で進んでいきました。初めての家づくりでわからないことだらけではありましたが、住宅メーカーの担当の方の対応がとてもよく、わかりやすく丁寧に説明や様々な手続きをこなしていってくれました。家の広さや間取りなどはプランである程度決められていたものの、細かな設備などは好みのものを選択できました。照明など自分たちでお気に入りのショップへ買いに行って取り付けてもらうというものも多くありました。収納なども備え付けの棚はあえてつけずに引き渡し後に自分たちでDIYでつけるからなにもしないままでお願いするというケースもありました。

やはりその家庭のライフスタイルにあった家づくりをしたいと考えている方には注文住宅がオススメです。

予算や構造上の制約はありますが、自由度が高いため家族構成やそれぞれのこだわりを詰め込むことができ「自分たちだけの家」を考える楽しみを経験できます。あれこれ悩んだり、家族間で意見の衝突もあるかもしれませんが、その分家に愛着が持てるので、とても居心地の良い空間となります。

例えば我が家は洗面所にこだわりました。既製品で掃除も簡単で比較的費用も安く抑えられる洗面台もたくさんありますが、アンティークショップで購入したお気に入りの鏡をどうしてもつけたいと考えていました。それに合わせてタイルも使用したかったので、タイル屋さんのカタログから鏡に会うデザインや色のタイルをチョイスし施工してもらいました。洗面器も少し変わった形のものにし、照明もそこに合うようなアンティークのものにしました。既成の洗面台と比べ少し費用は高くついてしまったかもしれませんが家の中でもお気に入りの空間です。毎日鏡を見るたびに「今日も頑張ろう」とそんな気分になれます。

せっかく自分が生活する空間なので、思い切り自分たちの好きなもの、使いやすいものなどこだわりをつめ、毎日が楽しくなるような場所にできるのが新築の注文住宅だと思います。

そしてやはり木のぬくもりが感じられる木造住宅は、どこかおおらかでおだやかな気分にさせてくれるので建ててよかったなと思います。今はもう慣れてしまったのかもしれませんが、新築の頃は家に帰ってくる度に木のいい香りに癒され、リラックス効果もあるのでほっとした気分になれました。木造住宅ならではの良さだと思います。