私が新築の注文住宅の家を選んで感じた事とは

マイホームを購入すると決意した当初、私はマンションにすべきか戸建てすべきかでかなり悩みました。ですがそれまでのマンション暮らしで、隣や上の階の住人の騒音に悩まされた事が何度かありました。購入してまで騒音の悩みを抱えたくないので、戸建てにしたのです。しかも最終的には、新築の注文住宅という家選びにとって1番贅沢と言える選択をしました。その1番の理由は、一生で一番の高価な買い物で後悔したくないという思いが強くあったからです。実際に新築の注文住宅を選んだ事で、自分の理想とする家が徐々に建って行く光景を目にする事が出来ました。少し大袈裟かもしれませんが子供の誕生に立ち会えた様な気持ちに近いものがあり、強い愛着を抱けるのは注文住宅ならではだと思います。同時に完成後、誰も住んでいない真っ新な家で暮らし始める事が出来るというのはやはり新築ならではの喜びです。加えて新築の注文住宅とあって、隣近所とは違うオリジナルのマイホームに住めるというのはやはり心地良いものがあります。もっとも予算の都合もあって全てが理想通りとは言えず、幾分不便な所もあったりするものです。所が家への愛着が勝るのか、そういった不便な部分も不思議と許せたりします。