新築の注文住宅の家が一番!マイホームへの憧れ

私が夢にまで見た我が家を新築の注文住宅で建てられたということについては本当に嬉しく思っています。我ながら、たいしたもんだという気持ちもしています。実は、憧れのマイホームを新築注文住宅にするにあたっては、さまざまな葛藤や紆余曲折があったことも事実です。やはり、家を持つことの大変さともいえるのではないでしょうか。

家族と最後までもめたのが、予算についてです。主人や子どもたちはお構い無しでぜいたくな設備を求めてきましたが、住宅ローンもある程度の額に抑制する必要性があるのも現実です。新築注文住宅購入にこぎつけたのも、注文住宅購入に色々とアドバイスや助言をくれたハウスメーカーの担当者のおかげといえるでしょう。ワガママともいえるような私たち家族の求めやリクエストにもとことん付き合ってくれました。そのおかげもあり、新築の住まいを手に入れることが叶ったのです。予算は少しだけオーバーしましたが、大満足の結果になりました。