家は注文住宅で建てたい

新築一戸建てのために考えていた事があります。まず、注文住宅にしよう、ということです。注文住宅にすることができるのであれば、その家は自分の思い通りにする事ができるからです。かなり拘りたいと思っていたところが実は地下室です。家に地下室があれば面白いと思っていたことがあるからです。新築であればそのあたりも最初から作ることができます。後から地下室を家に作るということもできるでしょうが、やはりしっかりと最初からあるようなところがよいと思っていたからです。それに新築は多少なりもとステータス性になります。ですから、注文住宅で、と考えていたわけです。新築はどうしても結構の費用になってしまうわけですが、それでも自分が満足できる住宅にできるというのは大きなメリットでした。そして、肝心の住宅ローンなのですが、そこそこ抑えることができました。家を買う時にはしっかりと頭金を用意するとは考えていて計画的にやっていたからです。新築の家であれば、安心できる部分もありました。それが耐震性になります。注文住宅は費用負担が大きくなってしまうのですが、それでも満足しています。